2006.12.19 12/17 コハクチョウ
 オオワシを根気良く見た後道の駅で昼食をとり、さて午後からはひとまずは湖岸のコハクチョウやオオヒシクイを見に行ってみるが、何度見ても癒される優雅なハクチョウの姿や仕草。

コハクチョウ
PICT6009_pe.jpg
機材:α7D+AF-HS300/F2.8G+×1.4テレコン
(35mmフィルム換算630mm)
たくさんいるオオヒシクイのなかにひときわ小さいマガン。

オオヒシクイとオオヒシクイ300羽中4羽のマガン(左の3羽)
PICT6019_pe.jpg
機材:α7D+AF-HS300/F2.8G+×1.4テレコン
(35mmフィルム換算630mm)

コハクチョウ
PICT6142_PE.jpg

PICT6232_pe.jpg

PICT6261_pe.jpg

PICT6077_pe.jpg

PICT6205_pe.jpg

PICT6271_pe.jpg

PICT6283_pe.jpg


湖岸から少し沖にある浅瀬が塒のようで、田んぼで落穂拾いをしていた300羽のコハクチョウが塒入りする様子は何度見ても壮観で家族グループごとに鳴き交わして飛ぶ様には感動します。
PICT6296_pe.jpg


ほとんどのコハクチョウが塒入りを終わると、まもなく比良山系に日が沈みました。
PICT6307_pe.jpg

PICT6305_pe.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://otukunirobin.blog52.fc2.com/tb.php/82-8bef032f